かゆみを伴う足–意味と迷信

人々は迷信的な種類です。私たちは、あらゆる種類のもの、つまり論理的な説明を見つけることができない信じられないほど広範囲の現象に不思議な意味を帰する傾向があります。



人間社会の最初の日以来、人々は目に見えない力に物事を帰することによって彼らの周りの世界で何が起こっているのかを説明しようとしました。

時にはそれは自然の精霊であり、時には神や悪魔などでした。いずれにせよ、それは常に私たちが見ることも影響を与えることもできないものでした。



人体に起こるさまざまな現象、特にいくつかの兆候のように見える軽微で断続的な不便についても同じことが言えます。それらは通常、私たちを反応させるのに十分な強さであり、危険ではなく、短期間続くため、不思議な兆候を思い出させるように見えます。



たとえば、説明できないかゆみの場合です。それは私たちを心配させるものではありませんが、私たちを不思議に思うでしょう。

私たちはすべてについて迷信を作りました。迷信は、未知への純粋で単純な恐れから生じる否定的で不快な感情を防ぐのに役立ちます。

それに加えて、迷信は私たちが人生をより簡単に扱うのに役立つパターンを作ります。ご存知のように、奇妙な出来事を心配するよりも強い力に帰する方がはるかに簡単です。



民俗信仰は、ある意味で社会的構成物です。それぞれの文化、伝統、社会には、独自の迷信、伝説、そして信念があります。さまざまな現象には普遍的な意味があるため、いくつかの迷信はほぼ普遍的です。

それはおそらく心理学者が集合的精神と集合的無意識の概念と呼ぶものに由来するものです。

体の部分についての迷信

私たちの体は、あらゆる種類の迷信や信念の「犠牲者」です。それは文化と地元の伝統に大きく依存しています。なぜそうなのか?それは、私たちの肉体が私たちの「中に」いるからです。それは私たちが私たちの周りの世界を感じるものであり、ある意味で私たちを定義するものです。



外観は非常に重要です。それは常に折り畳まれた信念と迷信にさらされてきました。

ブロンドや生姜の髪をしている人、特定の場所にほくろを持っている人、背が高すぎたり小さすぎたりする人などについての信念があります。それぞれの文化には、人間の特定の身体部分と全体的な身体の外観と機能に関連する独自の神秘的な解釈があります。

非定型の肉体的感覚は、常に不思議な兆候と関連しています。それぞれの迷信がどのように発展したかは完全には明らかではありません。体の感覚の迷信のほとんどは古代のものです。

それらのほとんどは、私たちが「老婆の話」と呼んでいるものですが、それでも、現代の人々は、その背後に何かがある可能性があると信じています。

はい、唯物論的価値観に焦点を当てた都市の技術的に進んだ世界でさえ、人々が私たちの偉大な祖先が持っていたのと同じ迷信をまだ持っていることに気付くのは珍しい現象ではありません。

ご存知のように、特定の地元の伝統によっては、はしごの下を歩くのを避けたり、黒猫があなたの道を横切るのは不運だと思ったりします。

体の部分は素晴らしい象徴性を持っています。もちろん、体の各部分には本来の目的があります。

特定の身体部分の象徴的な意味は、論理的には、それぞれの実際の目的から導き出されます。体の部分と体の感覚の象徴的な解釈は複雑で豊かです。ただし、いくつかの普遍的な解釈と意味があります。

たとえば、手は仕事と保護を象徴し、足は移動と動きを象徴します。今日は足の迷信について話します。より正確には、かゆみを感じる信念。

右足がかゆくとはどういう意味ですか?それが左のものだったらどうしますか?両足がかゆい場合はどうなりますか?まず、私たちの足にどのような象徴的な意味があるのか​​を見てみましょう。

足の象徴

足の象徴は古く、意味が豊富です。人間の足に関するいくつかの興味深い例と伝統的な概念に言及しましょう。足は一歩を踏み出し、痕跡を残します。私たちは足を使って世界中を旅します。

仏陀についての伝説によると、彼は生まれたとき、空間の各基本的な方向に7つのステップを踏むことによって世界を測定しました。

ヴィシュヌ神についてのヒンドゥー教の伝説は、似たようなことを語っています。神話によると、神は世界を3つのステップで測定し、そのうちの1つは私たちの地球に関連し、もう1つは世界の間の領域に関連し、最後の1つは天の領域に関連していました。

いくつかの解釈では、ヴィシュヌの階段は日の出、天頂、日没に似ています。したがって、足は重要な創造的原則と見なすことができます。

歩いたときに痕跡や足音を残すことは、到着を表現する方法ではありませんが、私たちがここにいて、滞在したいという確認です。

これらの伝説によれば、神のステップが世界を定義しているので、神の前にとどまりたいという願望もあります。

ヴァイシュヴァナラ神についての神話は、足が地球に対応し、物理的な存在の概念を具体化することを示唆しています。

それはまた、地面に両足を置いているという普遍的で一般的なことわざにも関連しています。物理的な世界に関連している。

アフリカのドゴン族は、足を安定性、権力、リーダーシップの概念と関連付けています。つまり、彼らはそれを彼らの首長と関連付けます。

ドゴン族にとって、足は始まりと終わりを表しています。それは起源を意味しますが、人生のすべてが足音と足で始まりそして終わるので、終わりも意味します。私たちの体は足から始まり、頭まで上がります。

初めはしばしば無視され、誤用されますが、実際には、頭は根、私たちの足なしではできません。

このつながりはまた、人間と神との間の境界を表しています。人間の足は、良いものとよく選ばれたもの、悪いものの両方の世界の道に痕跡を残します。

足は私たちが自分で選んだ道だけでなく、私たちに向けられた道も表しています。足は、行われた歩行を表します。

寓話的に、この散歩は終了した活動を表しています。抽象的なものでも、悪いものでも良いものでも。したがって、足を洗う儀式は浄化の儀式です。

フロイトやユングに基づく精神分析によると、足には男根の意味があり、足フェチは興味深い現象です。足は一般的に関連付けられています ピーナッツ

人間の心理的発達では、足の「発見」が大きな役割を果たします。

足はまた、人体の直立姿勢の礎石のようなものであるため、基礎と強さを表しています。足は人間の魂に関連付けられています。足の衰弱は、人間または神聖な存在の全体的な衰弱と象徴的に関連していることがよくあります。

アキレス腱とヘファイストスに見られる実例。

かゆみを伴う足の意味

ここで、私たちは、民俗信仰と迷信の世界で、かゆみを伴う足の解釈に行き着きます。

あらゆる種類の信念があります。世界中の多くの社会で、足の突然のかゆみは何かが起こることを示唆しています。そのような感覚の明白なまたは医学的な理由がない場合、かゆみを伴う足は兆候と見なされる可能性があります。

解釈は、足のどの部分がかゆむかによって異なります。両足がかゆいのか、片方だけなのかを確認することも重要です。

一般的にかゆみを伴う足について私たちが持っている迷信を見てみましょう。不可解なかゆみを伴う足を持つことは、一般的に旅行に関連しています。ええと、足は常に私たちの主要な「乗り物」でした。

動物に乗る技術を習得する前は、カートやより高度な輸送機械を作ることは言うまでもなく、人々は徒歩で旅行していました。

それは今でもどこかに行くための私たちの主要な方法です。したがって、あらゆる種類の足の感覚は、一般的に旅行のアイデアに関連付けられています。したがって、どこからともなくかゆみを伴う料金がある場合、それはおそらくあなたが旅行するつもりであることを意味します。

それは非常に古い迷信です。手のひらのかゆみがお金に関係しているのと同じように、それは比喩的な意味を持っています。

放浪癖のある人にとって、旅行愛好家の足は完全に元気であるとしても、他の人はしばしば「かゆい足」を持っていると言うでしょう。

9ハウスの北ノード

これは一般的なことわざであり、世界中に広まっています。したがって、かゆみなどの足の感覚は、先に旅があることを示唆しています。

時々、この感覚は人の焦りと落ち着きのなさを反映しています。彼または彼女は旅行したい。かゆみを伴う足はまた、焦り、衝動性、急いで急いでいることを表しています。それらは、じっと座って一箇所で落ち着くことができないことを反映しています。

別の、あまり普及していない迷信として、足のかゆみは、あなたが離れている間に誰かがあなたの後ろで話していることを意味すると言います。それはあなたがここにいない間に欺瞞か何かの種類を計画することを示唆するかもしれません。

不運であまり知られていない迷信は、かゆみを伴う足は悪い兆候であり、あなたの最も近い環境にいる誰か(家族)が死ぬことを示唆していると主張しています。

はるかに素朴な迷信は、かゆみを伴う足はあなたが新しい靴を手に入れることを意味すると言いますが、それらは不適合になります。この迷信は、より深いレベルで分析することができます。それはあなたが最高の気分にならない状況に陥ることを意味するかもしれません。

したがって、足のかゆみは、避けたい不快な状況を示唆しています。それはまた、あなたが他の人の立場に立つことを意味するかもしれません、それは別の非常に一般的なことわざです。

左または右のかゆみを伴う足

迷信は、問題の足によって異なります。意味も地元の伝統によって異なります。ある迷信によれば、左足がかゆい場合は、先に旅がありますが、実りある旅ではありません。それは喪失と不幸な結果を示唆しています。

それは必ずしも実際の旅や旅行を反映している必要はありませんが、あなたが行うかもしれない活動も反映している必要があります。

いずれにせよ、それは悪い兆候と見なされます。これは、あなたが向かっている場所で歓迎されていないという兆候として解釈されることがあります。

右足がかゆい場合は、その逆を意味します。右足のかゆみは、あなたに良い機会があり、それを取ることを示唆しています。

それはあなたがあなたの人生で良い決断をし、良い方向を選択しようとしていることを示唆しています。それはあなたが幸運になることを意味します。右足は通常、肯定的な結果に関連付けられており、その逆も同様です。

不機嫌そうな人は、朝、左足を踏んだとよく言われます。あなたの一日が悪くなり、どういうわけかあなたがするすべてが間違いであることが判明した場合も同じです。

悪い日は一般的に「左足で」目を覚ますことに関連しています。かゆみを伴う左足は通常、あらゆる種類の喪失を表します。

それは、必ずしも実際の物理的な旅ではなく、何かの比喩である可能性があります。

他のかゆみを伴う足の迷信

足首のかゆみについては迷信さえあります。それは良い兆候と考えられており、お金に関係しています。足首のかゆみはあなたがいくらかのお金を得るということを意味します。足首のかゆみが結婚式の接近を示唆しているという別の興味深い迷信があります。

それはあなた自身の結婚式かあなたが知っている誰かかもしれません。いずれにせよ、それはあなたが出席する可能性が非常に高い結婚式を示唆しています。

いくつかの伝統では、かゆみを伴う足は特に良い兆候ではありません。上で述べたように、いくつかの伝統は、かゆみを伴う足を家族の一員の死と関連付けています。

一部の文化では、かゆみを伴う足は悲しみと悲しみを表しています。

かゆみを伴う鼻や灼熱の耳のように、かゆみを伴う足は、誰かがあなたについてうわさ話をしていることを意味します。それはまた、誰かがあなたに良い光の中で言及していることを意味するかもしれません。

かゆみを伴う足に関する追記

足のかゆみは、誰もが時々感じる感覚です。迷信的な信念に最も一般的に関連付けられているのは、突然の断続的な感覚である場合があります。

一方、足のかゆみは、何らかの医学的問題の兆候である場合があります。

足のかゆみがひどい場合は、足をチェックすることをお勧めします。時々、不適切な靴や靴下の素材が足を刺激し、かゆみを引き起こします。

足のかゆみを引き起こす可能性のあるさまざまな医学的理由があります。足のうずきやかゆみは、神経学的問題を示唆している可能性があります。たぶんあなたの脊髄神経のいくつかが閉じ込められています。

かゆみを伴う感覚が頻繁に出入りする場合は、チェックしておくとよいでしょう。たまにしか発生しない現象であれば、心配する必要はありません。

これらのかゆみを伴う足の迷信はすべて非常に古く、これらの信念がどこから来ているのかは誰にもわかりません。それらが真実かどうかさえ誰にもわかりません。

さて、見るのはあなた次第です。足がかゆくなり、招待状と飛行機のチケットを受け取った場合は、不思議なエネルギーが関係している可能性があります。